名古屋市千種区にある末盛内科クリニックの診療案内

名古屋市千種区にある末盛内科クリニックの診療案内

診療案内medical

一般内科

様々な症状やお悩みに対応しております

風邪や頭痛、腹痛などの日常生活でよくみられる症状をはじめ、高血圧や糖尿病など、生活習慣が原因で起こる生活習慣病の診療なども行っております。
また、当院では院内で漢方薬の処方が可能です。気になる症状がある方やご希望の方はお気軽にご相談ください。

Symptom このような症状はご相談ください
    • 風邪
    • 発熱
    • 下痢
    • 花粉症
    • 貧血
    • 肺炎
    • インフルエンザ
    • 糖尿病
    • 高脂血症
    • 高血圧
    • 高尿酸血症
    • 脂肪肝
    • 骨粗鬆症
    • 胃腸炎
    • 咳、痰
    • めまい
    • 食欲不振 など

漢方内科

漢方治療について
Chinese medicine treatment 漢方治療について

中国から伝わり、日本で発展した医学を漢方医学と呼んでいます。漢方薬は、多くの植物や動物・鉱物などの薬効となる部分を、複数組み合わせてつくられており、様々な症状への有効性が認められています。
当院では、患者様一人ひとりの体質や症状を見ながら処方を行います。また、漢方治療は保険が適応されますのでお気軽にご相談ください。

Symptom このような症状はご相談ください
    • 肩こり
    • 冷え性
    • 胸やけ、胃もたれ
    • 生理痛
    • 生理不順
    • ほてり
    • 更年期障害
    • 動悸
    • 吐き気
    • 不眠
    • 倦怠感
    • にきび
    • アレルギー性鼻炎
    • 二日酔い
    • むくみ
    • たちくらみ
    • 物忘れ
    • イライラ など
西洋医学と東洋医学の併用

西洋医学と東洋医学の併用

すべての治療で漢方薬を使用するわけではありません。
西洋医学と東洋医学の両方の視点から診察を行うことで患者様一人ひとりに最適な治療を行います。

消化器内科

Digestive disease
消化器に関わる疾患もご相談ください

消化器に分類される臓器には、食道・胃・十二指腸(小腸の一部)・小腸・大腸・肝臓・胆嚢・膵臓があります。そのため、消化器病と言っても、非常に多くの病気を含みます。がんの多くは胃がんや大腸がん、肝臓がんなど、消化器が関係し、 慢性胃炎・胃潰瘍も日本人には極めて多い病気です。
定期的な検査や、気になる症状がありましたらお気軽にご相談ください。

漢方治療について
Symptom
このような症状はご相談ください
    • 胃もたれ
    • 胸やけ
    • 嘔吐
    • 下痢
    • 便秘
    • のどの違和感
    • 食欲不振
    • 胃の痛み
    • 胸の痛み
    • 下腹部の痛み
    • 吐血
    • 血便 など

当院では内視鏡検査
(胃カメラ)が可能です。

基本的には鼻から内視鏡を挿入する経鼻内視鏡検査を行います。
口から内視鏡を挿入する経口内視鏡検査も可能です。
また、当院では鎮静剤を使用して検査を行うことも可能ですので、ご希望の方はお尋ねください。

内視鏡検査(胃カメラ)は
予約制です。

予約状況によってはご希望の日程に受けられないことがございます。
※緊急性のあるものに関しては早めの検査が可能です。

検査の流れ
Flow

検査前
  • 検査を受けていただくにあたり、事前の説明と感染症の採血が必要なため、検査前に一度受診していただく必要があります。受診の際に、常用している内服薬がある方はご相談ください。お薬の種類によっては一時的に内服を中止したり、用法を変更していただく場合がございます。
  • 検査前日の朝食、昼食は通常通り摂っていただいて構いません。
  • 検査前日の夕食は21時までに済ませていただき、消化の悪いもの(コンニャク・海藻類・肉類・バター・チーズ等)や刺激性のもの(アルコール・香辛料)は控えてください。
  • 21時以降は水やお茶、スポーツドリンクは飲んでいただいて構いません。
検査当日
  • 検査予定時間の1時間前までは水やお茶、スポーツドリンクは飲んでいただいて構いません。
  • 検査の2時間前から喫煙はお控えください。
  • 体をしめつけるような衣服は身に着けず、着脱しやすい服装でお越しください。
  • 鎮静剤の使用をご希望の方は当日車の運転はできませんので、お車での来院はご遠慮ください。また、安全にお帰りいただくために付き添いの方をお願いする場合があります。(鎮静剤を使用される方は検査前に点滴のルートを確保し、そこから注射で鎮静剤を投与します)
  • 検査予定時間の15分前にはご来院ください。
  • まずは、胃の中の泡を消すお薬を飲んでいただき、鼻または喉に麻酔を行った後に胃カメラを挿入します。検査時間は通常10分程度ですが、組織の採取を行う場合は延長する場合があります。
検査後
  • 検査終了後、30分程度は喉の麻酔が残っていますので上を向いてのうがいはしないようお願いします。
  • 1時間程度経過し、上を向いてうがいしてもむせこまないようであれば普通に食事していただいて構いません。
  • 組織採取を行った場合は検査後2時間程度あけて消化のいいものを食べるようにしてください。当日のアルコール摂取は控えてください。
  • 鎮静剤を使用した方は検査終了後1時間程度ベッドで安静にしていただきます。
  • 検査結果は当日お話できます。組織採取を行った場合は約2週間後に再度来院いただき結果を説明させていただきます。

ピロリ菌について

ピロリ菌は、胃の粘液に住みつく細菌で、感染したまま放置しておくと、慢性胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がんなどに関係していることが分かっています。
当院では、ピロリ菌の一次除菌から三次除菌まで可能です。
一次・二次除菌でピロリ菌が除菌されなかった場合は、三次除菌を行いますが、保険が適応されない自費診療となります。

ピロリ菌について

治療費(ピロリ菌 三次除菌)
Fee

尿素呼気試験(感染診断および除菌判定) 5,000円(1回)
血中抗HP抗体IgG(感染診断のみ) 2,500円
尿中HP抗体(感染診断のみ) 2,500円
三次除菌(タケキャブ+サワシリン+グレースビット) 12,000円

健康診断・予防接種

定期的な検査で早期発見

生活習慣病など疾患によっては、初期ではまったく自覚症状がないことがほとんどです。
そのまま放置しておくと重症化してしまうこともあるため、定期的に検査をすることが大切です。
当院では、法定健診、名古屋市特定健診、がん検診や予防接種も行っておりますので、お気軽にご相談ください。

定期的な検査で早期発見
法定健診(34歳以下及び36~39歳) 4,000円(税込)
検査
問診(既往歴及び業務歴、喫煙歴、服薬歴、自覚症状及び他覚症状の有無)
身長、体重、視力及び聴力、腹囲測定
胸部単純X線検査
血圧測定
貧血検査 (赤血球数・血色素量)
尿検査(尿糖・蛋白)
法定健診(雇入時、35歳及び40歳以上) 9,000円(税込)
検査
問診(既往歴及び業務歴、喫煙歴、服薬歴、自覚症状及び他覚症状の有無)
身長、体重、視力及び聴力、腹囲測定
胸部単純X線検査
血圧測定
貧血検査 (赤血球数・血色素量)
肝機能検査(GOT(AST)・GPT(ALT)・γ-GTP)
血中脂質検査(LDLコレステロール・HDLコレステロール・トリグリセリド(中性脂肪))
血糖値、HbA1c
安静時心電図検査
尿検査(尿糖・蛋白)
インフルエンザやニューモバックス(肺炎球菌感染症)などの
各種予防接種も行っております。
ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。