ブログBLOG

暑熱馴化(しょねつじゅんか)ってご存知ですか?

2020年5月7日
5月に入り朝夕は涼しくても日中は暑い日が出てきましたね。新型コロナの影響で自宅で過ごされる時間が多くなっていると思いますが、気温が高くなってくると怖いのが熱中症です。室内で過ごしていれば起こさないなんてことはありません。暑くなり始めのこの時期、体はまだ暑い環境に慣れていないので、気温の変化に対して体が適応しきれず熱中症を起こすことは十分にあり得ます。

暑い環境に体が慣れることを『暑熱馴化(しょねつじゅんか)』といいます。
『暑熱馴化』をすることで体温が上がりにくくなったり、汗でのナトリウム喪失量が減ったり、水分補給による体液量の回復がしやすくなり、熱中症の予防につながります。

具体的には、汗をうまくかいて体内の熱を放出する働きを暑くなる前に目覚めさせることが必要です。
例えば…
・ウォーキングやジョギング、自転車等でしっかりと汗をかく
・半身浴で汗をかく
・冷房は控えめにする

こういったことで徐々に暑さに体を慣らしていきましょう。
stay at homeはコロナのリスクは減らしてくれるかもしれませんが、運動不足は体重増加や生活習慣病の悪化を招きます。
落ちた体力を戻すことも年齢を重なるごとに時間を要するようになりますので、まだ朝晩過ごしやすい今のうちに少しずつ運動して体力向上、暑熱馴化に努めましょう。